【静電気がやばい?】ひな暖毛布ぬくぬくセットの口コミは?洗濯可能で便利な寝具!

【静電気がやばい?】ひな暖毛布ぬくぬくセットの口コミは?洗濯可能で便利な寝具!
  • URLをコピーしました!
悩む人

ひな暖毛布の口コミはどう?購入を検討しているから、悪い口コミまで知っておきたいな

こんな悩みを解決します。

【本記事の内容】
  • ひな暖毛布の基本情報と特徴
  • ひな暖毛布のメリット・デメリット
  • ひな暖毛布の客観的な口コミ
    (悪い口コミ・良い口コミ)
  • ひな暖毛布はどこで売ってる?(最安値)

ひな暖毛布は、ひなたぼっこ感覚の寝具。

布団へ入った瞬間に暖かく、ふわっふわで気持ち良いと今話題ですが、中には悪い口コミがあるのも事実です。

悪い口コミがあると心配ですよね。

そこで今回は「ひな暖毛布の口コミ」に加え「ひな暖毛布のデメリット」まで解説します。

本記事を読むことで、どこで買うのが最安値かもまとめていますので、ぜひ最後までご覧ください。

ひなたぼっこのような暖かさ『ひな暖』

今ならセット価格が、5,000円以上お得なキャンペーン中

目次

ひな暖毛布の基本情報と特徴

引用:ダイレクトテレショップ公式

ひな暖毛布の基本情報

商品ひな暖毛布
カラーグレー
ローズピンク
マロンブラウン
素材側生地:ポリエステル100%
上層わた(保温わた):ポリエステル100%
下層わた(発熱わた):ポリエステル97%、アクリレート系(合成繊維)3%
中材:アルミ蒸着シート
サイズシングル:(約)140×200cm
セミダブル:(約)160×200cm
ダブル:(約)180×200cm
重さシングル:(約)2.1kg
セミダブル:(約)2.4㎏
ダブル:(約)2.7kg
洗濯の可否洗濯可 (要洗濯ネット)
※乾燥機不可

ひな暖毛布の特徴

  • ひなたぼっこのような暖かさ
  • 独自技術”5層構造” お日様に包まれたような暖かさ
  • フワッと柔らかい『マイクロファイバー生地』を両面に採用
  • 身体から出る湿気により暖かくなる”発熱わた”、熱を保つ”保温わた”を使用

ひな暖毛布は、快適な睡眠を手助けしてくれる寝具。

独自技術”5層構造”により、冷気をブロックし熱を逃がさない仕組みを実現。

また、フワッと柔らかい”マイクロファイバー生地”により、いつまでも寝ていたくなる触り心地を堪能できます。

【実際に使ってみた】ひな暖毛布のメリット・デメリット

実際に使ってみた、ひな暖毛布のメリット・デメリットを紹介していきます。

【静電気がやばい?】ひな暖毛布のデメリット3つ

実際に使ってみた、ひな暖毛布のデメリットは以下の通りでした。

  1. 価格は高め
  2. 吸湿、発熱するため乾燥しやすい
  3. 乾燥しパチッと静電気が起きることも

デメリットは、乾燥しやすいんですよね。

電気毛布ほどではありませんが、起床時に肌や喉が渇いている感覚がありました。なので、就寝前後にはしっかりと水分補給が必要でしょう。

ただ、暖房や電気毛布を使わずに済むので、電気代がかからず経済的ですよ。

乾燥が気になる方は、アロマ加湿器などの利用がGOOD。ほのかに香るアロマが、快眠を手助けしてくれるでしょう。

ひな暖毛布のメリット5つ

実際に使ってみた、ひな暖毛布のメリットは以下の通りでした。

  1. とても軽いのに暖かい
  2. フワフワで肌触りが良い
  3. 電気毛布を使わないので経済的
  4. 布団に入るときのヒヤッと感がない
  5. 洗濯機で丸洗いができるので衛生的

メリットは、軽いのに暖かいこと。

寒い時期は、毛布に掛け布団に着こんでしまいますよね。ただ、重いと苦しいですし寝返りがしにくくなってしまいます

ひな暖毛布は、フワッとした掛け心地で軽~い素材で出来ているので、寝る時の余計なストレスがかかりません。

また、丸洗いも可能なため汗をかいても少々汚れても、簡単に洗えるので衛生的で長く使用することが可能。

今なら『ひな暖毛布+敷きパッド』のセット購入で5,000円以上もお得なキャンペーン実施中

このキャンペーンは終わってしまう可能性も0ではないので、寝ている時の冷えが気になる方は今のうちに使ってみると損しませんよ。

ひなたぼっこのような暖かさ『ひな暖』

※今ならセット価格が、5,000円以上お得なキャンペーン中

ひな暖毛布の客観的な悪い口コミ・良い口コミ

次に、ひな暖毛布の利用者や利用検討者の客観的な口コミも集めましたので順番に見ていきましょう。

【静電気がやばい?】ひな暖毛布の悪い口コミ編

悪い口コミ①:家のベッドが1番だけど自分じゃ絶対買わない

やっぱり家のベッドが1番だよ! 通販大好きママちゃんの仕業で、帰ってきたら布団が真っピンクになってたよwww 掛け敷毛布セットで13000円…(ㅇ¬ㅇ) 自分じゃ絶対買わないwww #ひな暖

悪い口コミ②:買いそうになったけど、吸湿発熱素材は乾燥肌に良くない?

夜中の通販番組をみてたらひな暖ていう毛布を買いそうになったけど、吸湿発熱素材は乾燥肌に良くないって聞いた覚えがあるよーな。

悪い口コミ③:ひな暖毛布高いなぁ~

ひな暖毛布 高いなぁ。 あ、地震。

【ひなたぼっこのような温もり】ひな暖毛布の良い口コミ編

良い口コミ①:ひな暖、自分自身の湿気で毛布が発熱ってすごいな

夜中の通販番組はじめて真面目に見た。自分自身の湿気で毛布自体が発熱ってすごいな、ひな暖てやつ

良い口コミ②:電気毛布なくても暖かいから電気代の節約になるね

ひな暖毛布 電気毛布無くても暖かいらしい。本当なら電気代の節約になるよねぇ。

良い口コミ③:ひな暖セットを使って寝たらどれだけ幸せを感じれるのだろう

眠い、、眠い、、眠ーーーーーーーーーーーーーーーい。こんな時に@naruto_pokekara さんが紹介されてたひな暖セットを使って寝たらどれだけの幸せを感じれるのだろう

良い口コミ④:ひな暖セット、布団に入るときの冷たっ!がない

衝動買いした「ひな暖毛布セット」が温かい。布団入る時の冷たっ!がない。これは当たりかもしれない。

ひな暖毛布の悪い口コミ
  • ひな暖毛布高いなぁ~
  • 家のベッドが1番だけど自分じゃ絶対買わない
  • 買いそうになったけど、吸湿発熱素材は乾燥肌に良くない?
ひな暖毛布の良い口コミ
  • ひな暖セット、布団に入るときの冷たっ!がない
  • 電気毛布なくても暖かいから電気代の節約になるね
  • ひな暖、自分自身の湿気で毛布が発熱ってすごいな
  • ひな暖セットを使って寝たらどれだけ幸せを感じれるのだろう

悪い口コミには「高い」という意見がありました。

一般的な毛布なら、5,000円前後で手に入りますが、ひな暖毛布は10,000円ほど。初期費用としては、安くはないでしょう。

ただ、電気毛布や暖房を使う必要が無くなるので、長い目で見るとコスパは良いと言えます。

良い口コミには「フワフワで気持ち良い」という意見が多かったです。

『暖かい』という意見が多数ですが、肌触りの良さも魅力の1つ。フワッとした触り心地に滑らかな”マイクロファイバー生地”に包まれ、癒されること間違いなし

暖かくて肌触りが良いと気持ち良さが最高ですよ。

ひな暖毛布ぬくぬくセットは、寝るのが楽しみになってしまう寝具アイテムと言えるでしょう。

≻≻ひな暖公式を詳しく見る

ひな暖毛布はどこで売ってる?

スライムパンチはどこで買える

通販・Amazon・楽天市場」で購入が可能。

ひな暖毛布は、今のところホームセンターや量販店での販売はありません。

【最安値】ひな暖毛布はどこで買うのがお得?

ひな暖毛布の価格は、下記のとおり。

  • 公式HP:9,900円(送料無料)
  • Amazon:11,088円(送料無料)
  • 楽天市場:9,988円(送料無料)

ひな暖毛布の最安値は、公式HPで買うこと

公式HPからだとセット価格(ひな暖毛布+敷きパッド)も、最安値でしたのでお得に買いたい方は公式から買うと損しませんよ。

≻≻ひな暖公式を詳しく見る

【静電気がやばい?】ひな暖毛布の評判口コミ:まとめ

ひな暖毛布のデメリット
  1. 価格は高め
  2. 吸湿、発熱するため乾燥しやすい
  3. 乾燥しパチッと静電気が起きることも
ひな暖毛布のメリット
  1. とても軽いのに暖かい
  2. フワフワで肌触りが良い
  3. 電気毛布を使わないので経済的
  4. 布団に入るときのヒヤッと感がない
  5. 洗濯機で丸洗いができるので衛生的

ひな暖毛布は、暖かい毛布でした。

デメリットに感じる部分もありましたが、それ以上に寝ている時の冷えが耐えられない、今の布団が重いと感じている方にはメリットが大きいなと感じています。

今なら『ひな暖毛布+敷きパッド』のセット購入で5,000円以上もお得なキャンペーン実施中

このキャンペーンは終わってしまう可能性も0ではないので、寝ている時の冷えが気になる方は今のうちに使ってみると損しませんよ。

ひなたぼっこのような暖かさ『ひな暖』

※今ならセット価格が、5,000円以上お得なキャンペーン中

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

子ども2人の4人家族。
2020年に地元工務店で
スーパーウォール工法の家を建てました!
4LDKの平屋生活の悩みや成功&失敗の経験を元に、現代に合った「住みやすく後悔のない家づくり&暮らしの役に立った便利アイテム」の情報を発信しています。

目次