窓について

住宅の窓について悩んでいませんか?

実は、窓で住宅の明るさや通気性だけでなく、気密性強度にも関わってきます。

この記事では、実際に我が家に採用して良かったものやそうでないものを紹介していきます。

新築の窓を選ぶときに何を重視すれば良いのかがわかるでしょう。

それでは内容に入っていきます。

 

窓の役割について

                                       引用:リクシル

・明るさの確保
・通気性の確保
・見晴らしの確保

などがあります。

また、窓には気密性断熱性防犯性などを求められ大変重要な役割を担っています。

特に、近年では断熱性に特化した窓も多く樹脂サッシやトリプルガラスなどがあり、窓による断熱が進んでいます。

 

窓の材質について

先ほどでてきた窓の種類ですが、簡単にまとめてみました。

 

【アルミサッシ】
・耐久性が非常に高い
・傷や摩耗に強く、あらゆる気候に耐えることができる
・しかし、熱伝導性が高いため夏は暑く、冬は寒く、結露が発生しやすい
 
【樹脂サッシ】
・断熱性、防音性に優れている
・結露が発生しにくい
・価格はアルミに比べると高価である
 
【アルミ樹脂複合サッシ】
・外側がアルミ、内側は樹脂でできている窓
・耐久性の高いアルミを外側に、断熱や遮音に効果が高い樹脂を内側にした良いとこどり
・良いとこどりの反面、中途半端という意見もある
 

窓の開口の種類について

種類はいろいろありますが、我が家で採用した窓を紹介していきます。

引き違い窓

      引用:リクシル

特徴としては、価格が安くいろんなデザインに富んでいるところです。
しかし、気密性があまりよくないとされています。

縦すべり出し窓

     引用:リクシル

特徴としては、気密性を保ちつつ自然風を取り込みやすいです。
しかし、雨が降った場合に開けておくと雨が降り込んでしまいます。

FIX窓

           引用:リクシル

特徴としては、光を取り入れる窓で気密性に優れ安価です。さらに、さまざまな形があるので部屋に合わせて選ぶことができます。
しかし、2階や天窓として採用した場合は外側が掃除できません。

 

すべり出し窓の取っ手の種類について

すべり出し窓の場合、2種類から開閉するハンドルを選べます。(この窓の場合、網戸は窓の内側にあることを知っておいてください。)

 

カムラッチハンドル

 

取っ手を90度ひねって開閉を行います。

メリットは、全開と全閉が素早くできます。
デメリットは、開けるときに体を乗り出して(体がもっていかれる感覚)開ける必要がある。網戸を開けた状態で開閉するため虫が入り込む可能性があります。

オペレーターハンドル

ハンドルをクルクルと回して開閉を行います。

メリットは、網戸を閉めたまま開閉が行えます。
デメリットは、全開全閉するとき何回もハンドルを回す必要があります。

 

我が家で採用した窓

・窓はすべて複合サッシ
・引き違い窓2か所、縦すべり出し窓4か所、FIX窓8か所
・ハンドルタイプは全てオペレーターハンドル
・サッシについては、地域によって寒暖差がありますのでどれが良いとは決めにくいですが複合サッシで冬を超えた感覚では全く問題ありませんでした。九州地区では複合サッシで十分でしょう。
 
 
結露が発生してもこの程度が最大でした。年々ひどくなることが予想されますが、、、
 
 
・窓の種類については、引き違い窓は必要ありませんでした。リビングのメインの掃き出し窓に1か所あれば十分でした。和室にも引き違い窓をつけましたが、住み始めて半年一度も開けたことはありません。気密性、断熱性をこだわるのであれば、すべり出し窓、FIX窓をメインに採用することをオススメします。
 
 
・ハンドルタイプについて、オペレーターハンドル一択で問題ありません。特に高気密高断熱の住宅であればエアコンなどの空調で室温を管理しますので、そもそも窓を開ける機会は少ないです。開けるとすれば掃除するときや、部屋の空気を入れ替えるときぐらいなものです。
 
 

まとめ

いかがでしたか。

窓には明るさや通気性、見晴らしの良さを求めてしまいがちですが、熱の出入りが一番多いところになります。
気密性、断熱性という部分も含めて選んでいきましょう。

最近の住宅は、高気密高断熱で換気システムがしっかりしています。どうしても窓を開けたい方は、すべり出し窓でオペレーターハンドルにすると気密性、断熱性を確保しつつ快適に過ごすことができるでしょう。

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました