web内覧会 トイレ 併設させた洗面所とは相性良し!

今回のweb内覧会はトイレをやりたいと思います。

 

妻

トイレを出るとすぐに洗面所があるといいな!
子どものトイレトレーニングもしやすいし!

すへえ
すへえ

・・・異議なし、、、

僕の意見は特にありません(笑)

ということで、トイレと洗面所を併設させた場合どうなるのかという観点も含めて紹介していきたいと思います。

 

トイレの間取りはこんな感じです。

 

トイレの空間

とてもシンプルな明るい空間になってます。

トイレの広さ、奥行き×幅は1820×845になってます。
我が家にはトイレは1つしかありませんので、老後のことを考えると介護してもらうために幅をもう少し広くしても良かったのかなと思いました。
 
コンセントは奥の壁につけたほうがすっきりしたような気がします

 

ちょうど良いフォルムの便座

我が家のトイレは

LIXIL ベーシアシャワートイレ(フチレス)

にしました。
正直、トイレにはあまりこだわりはなかったです。
しいて言えば

・フチレスにして掃除を楽にしたい
・タンクはあったほうが良い(災害時のため)
これだけは必須だったので、満足しています。
 
 

明るさ十分な窓

開閉なしのFIX窓(採光窓)、770×405のサイズを採用しました。

写真だけ見ると逆光で暗いですが、十分明るいです。特に、西向きなので夕方はものすごく明るいです。正直、ここまで明るいなら窓はもう少し小さくても良かったかなと思います。人によって好みも違いますが、トイレは多少暗いほうが落ち着く気がします。

窓について、開閉式にするか迷いましたが工務店さんからトイレの窓を開けると室内に臭いが逆流することもあるという話を聞いて採光窓にすることを決めました。基本的には換気扇で換気してます。

 

着せ替え自由な飾り棚

妻がネット上で探してきた、飾り棚をつけるという名案。
殺風景になりがちなトイレにちょっとした飾りをできるのはいいですよね。
なるべく春夏秋冬を感じれるような飾りつけをしていこうと思ってます。

右側に枠を作ったことでレバーが干渉すると少し焦りましたが、ほぼほぼリモコンで操作するので問題なしですね。

    

簡単で分かりやすいボタンが並んでいます。
まだ、節電モードを使用してないので電気代が気になるようになったら使ってみます

ペーパーホルダーも壁紙に合うようなものを選びました。
ここにもちょっとした飾りつけができるので良いですね。

 

ドアを開けたら洗面所と隣接

 

トイレ一番のこだわりポイント!!

トイレを開けたらすぐに洗面所という間取りになっています。

メリット

用を足した後の動線がスムーズ

大人はもちろん、子どもでもトイレの後は手を洗うという習慣をつけやすいです。
トイレトレーニング時にも誘いやすく、掃除するときにもしやすいです。
主に子どものためですね。

 

トイレ内に手洗いを設置する必要がなく経費削減

トイレを出ればすぐに洗面所があるのでトイレに手洗い場を作る必要がないです。

僕が見積もりしてもらったトイレの手洗い場は8万円+配管工事費諸々で10万円前後。

これがなくなると思ったら最高ですよね。

また、トイレに手洗い場をつけようとするとある程度の広さも必要になるのでこの間取りにするとその心配もありません。

 

デメリット

トイレと洗面所が隣接しているのは良いことばかりではなく、気になる点もいくつかあります。

 

ドアの開閉時に邪魔になる可能性がある

トイレドアを開閉するとき、洗面所に誰かがいた場合にぶつかる可能性があるので避けたりトイレからの声掛けをして過ごしています。

トイレのドアに折れ戸を使うという選択肢もありましたが、見た目が嫌という妻の意見で断念しました。今思うと、折れ戸もいい作戦ではあった気がします。

 

子どもが年頃になったとき嫌がるかも、、、

朝の忙しい時間帯では、トイレと洗面所は大変込み合いますよね。

まだまだ子どもが小さいので今のところは問題ないですが、トイレの音が気になるからあっちに行ってと言われることが目に浮かびます(笑)
今思うと、こういうデメリットもあると想像ができました。

 

まとめ

いかがでしたか。

用を足すだけのトイレではなく、飾りつけを楽しむなどオシャレに使うことができますね。

併設させた洗面所では、主に子どもの手洗いがしやすいことと、トイレに手洗い場を設けなくて済みます。ですが、ドア問題込みの問題が今後の課題になりますね。

子どもがトイレをしたくなるような空間にデザインしていきます。

 

 

 

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました