2歳までに好きだった絵本 ~ベスト5~


そもそも絵本の読み聞かせにはどんなメリットがあるの?

 

みなさんは、子どもに絵本の読み聞かせをしていますか?絵本の読み聞かせは、子どもの成長や学力向上などさまざまな効果をもたらします。それなら積極的に読み聞かせをしたいところですが、始めるタイミングはいつ?」「子どもが聞いてくれないという保護者の方には気になることがいくつもありますよね。

そこで今回は、絵本の読み聞かせにはどのようなメリットがあるのか、読み聞かせの方法や効果をあげるコツについても、まとめてご紹介します。効果を知れば、きっと今すぐ読み聞かせの時間を作りたくなるはずです。

 

 

 

絵本を読むメリット

まずは、絵本の読み聞かせのメリットと子どもに与える効果について考えていきます。

 

親子でのコミュニケーションがとれる

読み聞かせは、親子のコミュニケーション方法の1つです。絵本を読む声は子どもに安心感を与えますし、肌のぬくもりや匂いを感じることにより親子の親密感が高まり、信頼関係が強くなるのです。また、子どもは読み聞かせによって親の愛情を感じ、子ども自身の自己肯定感も養われるでしょう。

家族の関係が希薄になっていると言われる現代では、親子が触れ合う時間は貴重です。わずかな時間でもかまわないので、積極的に読み聞かせの時間を作りましょう。

 

心を豊かにする

読み聞かせは、子どもの感情を豊かにする効果が期待できます。子どもは絵本を通じて登場人物の気持ちを想像し、疑似体験します。喜怒哀楽を感じること、心の変化を知ることで感情が豊かになるのです。

読み聞かせは心を育てます。感情豊かな人は相手の心の変化を感じる力を持っているので、周囲から愛される人になるでしょう。

 

想像力を広げる

 

子どもの想像力を育てることも、読み聞かせによる効果のひとつです。想像力が豊かな人は、思いやりを持って人と関わることができます。相手の痛みも分かるので、感受性豊かな優しい人になれるでしょう

また、想像力が豊かなことは将来的にも役立ちます。例えば仕事においても視野が広がり、新しい視点で物事を考えることができます。また、先を想像する力があることで、失敗を未然に防ぐこともできるでしょう。

絵本の読み聞かせは将来的にも、いい影響を与えることが分かりますよね。

 

言葉の表現を知り語学力がアップする

絵本の読み聞かせによって語彙力や読解力がつき、学力向上の効果もあります。まだ字が読めない子どもでも、読み聞かせを繰り返すことで絵本に書いてある言葉の表現をマネし始めます。始めはマネだった言葉も次第に自分の言葉として使い始めるので、言語力がのびることにつながるのです。

また、語彙力がある人は自分の気持ちを言葉で表現することに長けています。相手の言葉も理解できるので、信頼関係を築きやすくなるでしょう。

国語力をあげることは、コミュニケーション能力を高めることにもつながります。

 

集中力が身につく

 

読み聞かせをしていくうちに、子どもは集中力が身に付きます。子どもが物事に集中できる時間はそれほど長くありません。そのため、読み聞かせを始めたばかりの頃は、最後のページまで読めないことが多いです。

しかし、絵本の読み聞かせの時間を習慣化させると、次第に集中力が身に付き、最後まで夢中になって聞いてくれるようになります。子どもがその場に座っていられない、落ち着きがないと悩んでいる保護者の方には、ぜひ絵本の読み聞かせをおすすめします。

 

 

 

読み聞かせはいつからすればいいの?

読み聞かせは、いつからいつまでした方がいいという正解はありません。早すぎることも遅すぎることもないので、始めたいと思ったらすぐに読み聞かせをしましょう。

そうとはいえ子どもが0歳児なら、絵本を読み聞かせても効果はないと思ってしまいますよね。事実、赤ちゃんに絵本を読んであげても期待通りの反応が返ってくることはほとんどありません。

しかし、0歳児の赤ちゃんにも読み聞かせの効果はあります。絵本の豊かな色彩を見ることは脳に刺激を与えますし、親とのスキンシップでリラックス効果が期待できるのです。

子どもの年齢に関わらず絵本に興味を持ち始めたときは、読み聞かせを始めるチャンスです。子どもが好きな絵本を一緒に読みましょう。また、興味を持つ前の段階でも、保護者の方から積極的に読み聞かせを促して、絵本デビューしてみるといいですよ。絵本が好きな子どもが多いので、すぐに引き込まれていくはずです。

 

そこで、私の息子が好きだった絵本を5冊紹介したいと思います。

 

  • 第5位 だるまさんシリーズ

 

0歳児~の子どもにおすすめしたい絵本 『だるまさん
だるまさんといえば、、、転ぶものですがここでは、さまざまなリアクションを見せてくれます。

「だ・る・ま・さ・ん・が」のリズムに合わせて、お子さんの反応を見ながら次のページをめくってみてください。予想外の反応にお子さんも目が離せません。リアクションの前で間を開けて読んであげるとより、興味を示してくれることでしょう!

 

  • 第4位 ちいさなかくれんぼ

 

0歳児~の子どもにおすすめしたい絵本 『ちいさなかくれんぼ
子どもが大好き小さな生き物たちがさまざまな場所にかくれんぼをして待っています。

「おやおや」という初めの掛け声でお子さんに質問をなげかけてあげましょう。上手に見つけられるかな?見つけたらしっかりとこんにちはをしましょう。ここで挨拶を覚えるきっかけにもなると思います。

 

  • 第3位 ぼうしとったら

 

1歳児~の子どもにおすすめしたい絵本 『ぼうしとったら
ぼうしをかぶった人や動物たち、ぼうしをとると中からは予想もできない物が次々と出てくる仕掛け絵本になってます。

「~のぼうしとったら」のあとにしかけをめくってみてください。思わず大人でもクスッとしてしまうものがとびだしてきます。お子さんも自分でめくる楽しさや、何が出てくるかわからないワクワク感で興味を示してくれるでしょう。ぼうしにも興味を持ってくれれば、お外遊びでも嫌がることなくかぶってくれるようになると思います。

 

  • 第2位 もいもい

 

0歳児~の子どもにおすすめしたい絵本 『もいもい
赤ちゃんの視線をくぎづけにする謎の生き物もいもい。これを見ると泣いているお子さんだって静かに見つめるでしょう。

もいもいたちが伸びたり、曲がったり、増えたりと不思議な行動をして奇妙な世界を作っています。あかちゃんに絵本を読ませたいけど何を読ませればいいのという方に、ぜひこの絵本から始めてみてください!!

 

  • 第1位 せんろはつづく

 

1歳児~の子どもにおすすめしたい絵本 『せんろはつづく
堂々の第一位はこれ! 子どもが大好きなれっしゃのお話です。

次々とあらわれる困難をどうやって乗り越えていくのでしょうか。やまがあったら?かわがあったら?みちがあったら?お子さんにもどうするのか尋ねてみましょう。一緒に考えることで親子の絆が深まり、考えることの楽しさを理解してくれることでしょう。

 

 

まとめ

どうでしたか?読み聞かせは、親子のコミュニケーション作りに最適です。また、語彙力や読解力、想像力や集中力など、役立つ力がいくつも身に付きます。一日に一冊、もしくは寝る前に一冊など、時間を作り継続してみましょう。絵本が大好きな子どもは多いので、保護者の方から読み聞かせに誘うと喜んでくれますよ。きっと目を輝かせながら、絵本の世界に夢中になってくれるはずです。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました