web内覧会 ダイニング 対面式キッチンで配膳ラクラク

今回のweb内覧会はダイニングスペースをやりたいと思います。

ダイニングのこだわりとしては対面式にすることでした。対面式にすることで料理をしながら子どもの様子を見ることができ、配膳や片付けを楽にすることができます。

なるべく物は置かず、すっきりとした空間にしています。

ダイニング空間

こんな感じになってます。

配膳がしやすい対面式のダイニング

なんといっても配膳のしやすさが良いですね。

カウンターに並べて、あとはテーブルに置くだけ!片付ける時だって、カウンターを利用すれば楽に運ぶことができます!

ですが、カウンターの幅を17㎝したのが失敗でした。
ここが物置きになるのが嫌で小さめにしましたが、広いほうが間違いなく使い勝手が良いです。

大きい器やお盆を置くとはみ出るので危険!この幅はあと5㎝(22㎝)ほど広くとっても良かったです。

落ち着きのあるテーブル

そこまでこだわりはなかったのですが、子どもがいるので角が尖っていなければ良いかなという程度(笑)

あとはベンチタイプにしたかったぐらいですね。広いので大人3人ならゆったりと座ることができます。ベンチの青色のカバーは取り外し可能で丸洗いができます。

ベンチタイプの欠点は1人だけ席を立つ時にみんなが動かなくてはいけないのが気になりますね。

子ども用の椅子に、ニトリのフリーチェアジャスト3を選びました。丈夫で高さ調整も細かくできて、テーブルとの色合いがなんとも絶妙ですね。

欠点としては、結合部やネジ部の隙間が大きいので子どもの食べかすが詰まりやすいです。

シールやゴム栓などを使って入り込まないようにする工夫が必要です。

 

コンロ裏に作った大容量収納

もともと、IHコンロは臭いや油ハネがあるので隠したい気持ちがあったので、壁を作るくらいなら収納にしようという考えです。

子どもが大きくなったら、テーブルで勉強や宿題をしてほしいという願いがありました。収納があることでここに勉強道具を片付ける習慣をつければ、子どもの動線が短くなり勉強に意欲的になるのではと考えています。
普段は漫画本や書類を入れてます。焼酎なんかコレクションするのもありですね。

丸見えでは無造作ですので、ロールスクリーンで目隠しをしてます。

ロールスクリーンをつける場合は事前に下地を入れておく必要がありますので注意が必要です。

すっきりとしたスポットライト

リビング編でも紹介していた段付きの天井壁を利用してスポットライトを採用しました。

カッコよく、オシャレなペンダントライトにしたかったのですが、ライトの掃除が大変ということで却下になりました(笑)

ここでは、集光型のスポットライトを採用しましたので勉強など、書きものをするときでも卓上ライトを使う必要がありません。

ですが、右利きの人がベンチイス側で勉強する時に手の影ができてしまうのでそこが欠点ですね。
複数のライトをつけて死角をなくすべきでした。

妻の趣味空間・ピアノ

妻の家づくりの絶対条件、ピアノ

ピアノの寸法を伝えていたので壁にちょうど良くフィットしてます。

大きめの家具を持ち込む場合には、あらかじめ伝えておくとスムーズにいきますよ

まとめ

いかがでしたか?

ダイニングを対面式にすると家事の面では、配膳がしやすくとても便利です。
カウンターの幅は使い方によっては注意が必要ですね。

ダイニングテーブルを置く予定であれば、できれば置きたいやあのあたりに置きたいではなく

・テーブルをどこに置くのか(壁につけるのか)
・テーブルのサイズはどうするか(特に幅)
という点は決めておいたほうが、良いでしょう。後から失敗したということがないように。
 
 
 
毎日の食事を楽しむ空間!!
賑やかなダイニングにしたいですよね。
 

 

 

Follow me!

コメント

  1. […] 【web内覧会】リビング 【web内覧会】ダイニング […]

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました