アドセンス審査に全然通らない人への対処法

アドセンス審査に全然通らないと悩んではいませんか?

実は、僕も少し前までは何度も何度も申請してましたが、受からない日々を過ごしていました。

この記事では、全然受からなかった僕がどうやって受かったのかを紹介していきます。

この記事は以下のような人にオススメ
・アドセンス審査に全然通らない
・アドセンス対策をしたのに通らない
・もうなにをすればいいかわからない

全然受からなかった人がどうやって審査に通ったかがこの記事ではわかります。

 

それでは、内容にはいっていきます。

 


ネットでラクラク副収入
アフィリエイトはSmart-C

僕がどれぐらい受からなかったか

僕がどれぐらい受からなかったのかをお伝えします。

・申請回数           9回
・審査開始からかかった期間   3か月
・参考にした教材        ヒトデさんのYouTube
 
まあ、Twitterなんか見てても1発で合格しました!なんてツイートを見てると僕はなんて才能のないブロガーなんだろうとつくづく思っていました。
 
そして申請後、Googleからの返信は
 
あなたのサイトは、価値の低いコンテンツです
 
改めて言われなくてもわかってるよ!
と、いつもツッコミを入れつつメンタルを蝕まれていました。
 

受からない間にしていたこと

主に、ヒトデさんのYouTubeやブログを参考にして勉強をしています。
 
アドセンスに関しても、何度も何度も見返しては修正を繰り返し申請を続けました。
 
必殺技として
 
・プライバシーポリシーの設置
・お問い合わせフォームの設置
・アフィリエイトリンクを貼らない
・選りすぐりの5記事
 
まで、実践しましたが通りませんでした。
 
僕にはセンスの欠片もないのだと改めて実感できました(笑)
 

Twitterにヒントあり

アドセンスに受かるヒントはTwitterにありました。

1発合格しました!というブロガーさんのブログを読み漁りました。

そこで、

・自分は知らないような内容(ニッチな内容)
・わりと長文(3000~5000字)
 
が、自分の記事とは大きく違うことがわかりました。
 
Googleは似たようなコンテンツは嫌います。
新しいことや情報が少ない事柄には良いイメージを持つようです。
また、網羅性を重視することもあり長文は評価されるようです。
 
アドセンスに合格しました!というツイートを見かけたら、どのような内容なのかを必ず読んでみて、分析してみましょう
 
 
 
これらをヒントに今回はまとめました。
 
ちなみに僕が受かった時のことをまとめると
 
・ワードプレスで申請(開設から9か月)
・記事数は16記事
・記事の主な文字数2000~3000字
・アフィリリンクなし
・お問い合わせフォームあり
・プライバシーポリシーあり
 

辛抱強く申請、申請、申請

辛抱強く申請を続けていきましょう。

審査をしているのは人ではなく、ロボットです。

それを実感したのは4,5回目の申請の時、記事の内容を変えずに申請を繰り返していました。

誰も読まないはずの自分の記事にpv数 1 がつきます。

サイト内の全ての記事を読むのではなく、5記事だったり、7記事だったりと不規則であることがわかりました。

どれを見るかで判定は変わりますので、選りすぐり5記事にするんですね。

なので、落ちたら申請。次は時間を空けて申請を繰り返してみてください。

ちなみに僕も、受かったときは前回から記事の内容はほとんど変えてません。

 

なるべく長文にする(3000字以上)

記事の文字数は3000字以上を目標にしてみましょう。
(最低でも2000字以上は書いてみましょう)

Googleは網羅性を重視しているからです。

僕も初めは文章を書くのが苦手で1500字がやっとでした。

ですが、先ほど伝えたアドセンス審査合格しました!ツイートを確認してみるとなかなかの長文の方もいました。

長文はGoogleから好かれる傾向にあるようです。

ですので、できれば3000字ぐらいを1つの目安として書いてみましょう。

 

あまり聞かないようなワードで攻める

ニッチなワードで記事を書いてみましょう。

似たようなコンテンツを嫌うということは、裏を返せば新しいあるいは情報が少ないワードは求めているからです。

何度も言いますが、検索上位をまねたような記事は嫌われます。同じようなコンテンツは2つと必要ないからです。

先ほど同様にTwitterを見てみると、聞きなじみがあまりない内容の記事が多くありました。

おそらくニッチなワードで攻めるのは有効だということです。

 

Googleアカウントを作る

Googleのアカウントを作成しておきましょう。

Googleへの自己紹介にもなるからです。

僕も申請している間にアカウントを作成しておりませんでした。

アドセンスをあきらめかけたとき、キーワードプランナーを利用したくなり進めていたところアカウントを作成する必要があることがわかりました。

ふと、これをしていなかったから受からなかったのかとアカウント作成後、申請しました。

すると、

念願のアドセンス姉さんに会うことができました。

 

アドセンス審査においてGoogleアカウントの作成は必須な作業になるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

僕の失敗談をもとに

・とにかく辛抱強く申請を続ける
・長文(3000字)で攻める
・ニッチなワードで攻める
・Googleアカウントを作る

どうしても受からない場合は以上のことを実行してみましょう。

・辛抱強く申請を続けることでいつか、ふっと通るタイミングがあるかもしれません
→Googleもロボットで審査をしているためそのときの気分で変わるため

・長文(3000字以上)で攻めてみましょう。
→Googleは網羅性も重視するため、内容にもよりますが長文を評価する傾向があります。

・ニッチなワードで攻めてみましょう
→Googleは似たようなコンテンツを嫌います。自分の中でこれは誰も知らない、あまり聞かないワードというものが1つや2つあるはずです。

・Googleアカウントを作る
→アドセンス審査において必須な作業であるはずです。

どうしてもアドセンス審査に受からないという方に向けて、僕の経験をもとにまとめてみました。

なかなか受からない僕もこれで受かりましたので、少しくらいは役に立つ情報になっているかと思います。

アドセンスに受かり初収益があると気分があがります。数十円を稼ぐのがいかに大変なのかを思い知らされます。

これをモチベーションにどんどんレベルアップしていきましょう。

 

 

Follow me!

コメント

  1. しょーん より:

    すへえさん、こんにちは!

    9回も申請する諦めない姿勢
    自分も見習わないとなって思いました。

    数字をもらず、きちんとブログに実践の後を残しているのも
    誰かの役にたつと思います!

    ココナラとかでアドセンス代行サービスとかで
    出しても良いかも知れませんね!

    • すへえ より:

      しょーんさん、こんにちわ。

      コメントありがとうございます。

      ありがとうございます。
      自分にはセンスがないなと思いましたが、
      それでもあきらめきれず気合いで続けました。

      ホントに困っている人にこういう人もいるんだよ!
      というのが伝われば良いと思い、書いてみました。
      読んで頂いただけで大変嬉しく思ってます

      そんなサービスがあるんですね。
      アドバイス、ありがとうございます。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました